香港政府、韓国との租税協定に署名

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

香港にとって30番目の相手国となる韓国との租税協定(所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止協定)が8日、署名されました。

Hong Kong, Korea tax treaty signed (with photos)
************************************************
The Secretary for Financial Services and the Treasury, Professor K C Chan, today (July 8) signed in Hong Kong an agreement with Korea for the avoidance of double taxation and the prevention of fiscal evasion with respect to taxes on income on behalf of the Hong Kong Special Administrative Region Government. The Consul-General of the Republic of Korea in Hong Kong, Mr Cho Yong-chun, signed on behalf of his government.

租税条約の発効により、香港側には香港居住者が韓国国内で得た投資収益に対してかかる源泉税の税率が低くなるメリットが生まれます。例えば、香港居住者が韓国から受け取る利子の源泉税率は従来14~20%でしたが、租税条約発効後は10%が上限となり、また、現在20%である韓国側でのロイヤルティに対する源泉税率も10%が上限となります。韓国側での配当に課せられる源泉税率も現在の20%から、株式比率に応じて15%もしくは10%に引下げられます。

その一方、韓国側が得るメリットが香港との租税情報交換条項にあることは、日本と香港の租税条約と同じ構図です。