月別アーカイブ: 2015年4月

5割前後の市民が政府案を支持する一方、4割弱の市民は不支持

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

香港大・中文大・理工大の合同世論調査によると、香港市民の47%が先週香港政府が発表した次期行政長官選出制度案を支持していることが明らかになりました。

【now新聞台】本台贊助三間大學民調機構進行的政改滾動民調有第一次結果,支持方案的被訪者有四成七,反對的有三成八,支持與反對相差少於十個百分比。大專或以上學歷,以及年齡三十歲以下的組別,反對方案的更超過一半。學者分析,多個調查均顯示,反對政改的民意很穩定,即使政府能爭取到游離人士,最終支持方案的民意也不會是壓倒性。

前記3大学の調査機関が先週の政府案発表後、1,000人余りの市民にその評価を聞いたところ、政府案を支持すると答えた人の割合は47%、反対すると答えた人の割合は38%と、その差は9ポイントという結果となって表れたということです。

public-poll-201504

また、TVBが嶺南大学と合同で実施した同様の世論調査でも、政府案自体の評価については「肯定的」35%、「否定的」35%、「どちらでもない」25%と分かれたものの、政府案を可決成立させるべきかという問いに対しては、「成立させるべき」51%、「否決すべき」38%、「分からない」11%という結果が出ており、いずれの調査でも、5割前後の人が政府案の可決を支持する一方で、4割弱の市民は現行政府案を成立させるべきでないと考えていることが明らかになりました。

2017行政長官選挙制度に関する香港政府案が発表される

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

今日(22日)午前、林鄭月娥政務司司長が2017年実施の時期行政長官選挙制度に関する香港政府案を立法会で発表しました。政府案の内容は昨年8月末に全人代で承認された案を踏襲したもので、行政長官指名委員会の過半数の支持を受けた候補者の中から一般市民による選挙によって行政長官を選出するものとなっています。

Political-Reform

今日提示された政府案に対し、議会の約4割を占める民主派は承認しない姿勢を見せ、林鄭政務司司長の発表の際には大半の議員が議場を出て抗議しました。もし仮に、採決の結果、政府案が議会の3分の2以上の承認を得られなかった場合、「普通選挙」に関する議論は振出しに戻り、次期行政長官選挙は従来の方式(指名委員会内部での選挙)で実施されることになります。香港政府側は、今回の機会を逃せば「普通選挙」実現の機会はいつ訪れるか分からないとして、「一定要得(必ず実現させなければならない)」をキャッチフレーズに政府案への賛成を訴えています。

consult_report_2nd

記念紙幣フィーバー

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

日本でもつい最近、東京駅100周年記念SUICAが話題になったことは記憶に新しいですが、香港ではHSBC(香港上海銀行)150周年記念の150ドル札が枚数限定で発売されることになり、ちょっとした盛り上がりになっています。

Front BN

150ドル紙幣は1枚もの、3枚綴り、35枚綴りの3種類の形で発売され、それぞれの売出価格は以下の通りとなっています。

  • 1枚 380香港ドル
  • 3枚綴り 1,380香港ドル
  • 35枚綴り 23,880香港ドル

定価でも既にプレミアが付いた値段ですが、発売後にコレクター間で売買される価格はさらに高騰すると予想されています。最も人気の高い35枚綴り(原価 23,880香港ドル)の場合、最高8万香港ドルの値が付くのではないかという専門家の予測が以下の記事では紹介されていました。

【明報專訊】目前匯豐150周年紀念鈔仍未收到實物,但市場已陸續出現估價。綜合專家估計,35連鈔最高可售8萬元,即較認購價高出逾2.3倍,其餘3連鈔預料最高炒至6000元,單鈔最多則可賣1000元,但強調目前非實價,暫時仍難預料領取當日炒價會上升還是下跌。

昨日、当選者の抽選があり、既に専用ウェブサイトから抽選結果を知ることができますが、発売前に話題になったこともあり、コレクション目的の人のみならず、最初から転売することを目的とした人も申し込みに殺到したため、購入を希望しながら抽選に外れた人も多数出たようです。

幸運にも抽選に当たって記念紙幣を購入する権利を手にした人であっても、実際に実物を目にできるのは少し先の6月9日以降のこと。銀行の指定した時間と場所で受け取ることになります。

「一簽多行」から「一周一行」へ

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

本日(13日)付けで、香港の各メディアは、香港・中国当局が深圳戸籍の住人の「自由行」に対する制限に踏み切ったことを伝えました。13日付けで、深圳市の出入境管理部門は深圳戸籍の住人に対して1度許可を受ければ1年間は香港との間を何度でも自由に行き来できる「一簽多行」査証の発給を停止し、代わって香港への入境を週に1度に限定する「一周一行」査証の発行を開始しました。ただし、既に発行済みの「一簽多行」査証を持つ深圳戸籍民については、その有効期間内は従来の条件で自由に渡航できるとのことです。

Chief Executive Leung Chun-ying issued a strong warning against parallel traders in Hong Kong this morning, as Shenzhen authorities formally announced a limit on cross-border trips by the city’s residents in a bid to curb the number of parallel…

2月以降、香港郊外の屯門・元朗・上水など、中国とのボーダーに近い街で、地元の香港市民といわゆる「水貨客(運び屋)」や一般の買い出し客との間で度々衝突が発生しており、中国本土住人に対する「自由行」の制限を求める声が高まっていました。