2015年の香港からの訪日客数150万人を突破

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

日本政府観光局(JNTO)が本日(19日)発表した資料によると、2015 年の香港からの訪日客数の推計値は対前年比65%増の約152万4,300人であったことが明らかになりました。2011年以降、香港からの訪日客数は順調に伸び続けていますが、2015年の約152万人という数字は4年前の2011年と比較して4倍強、2年前の2013年と比較しても約2倍という際だった伸びを示しています。現在の香港の人口は約720万人ですので、香港市民ののべ5人に1人が2015年の1年間に訪日した計算になります。

Inbound_visitor_from_HK

香港からの大幅な訪日客数の増加について、JNTOでは「航空路線の拡充」「円安傾向の持続による割安感」と併せて、日本の各地方自治体が香港などで展開した訪日旅行プロモーションが功を奏したという見方を示しています。

なお、訪日外客数全体では1,973万7千人と、前年比47.1%増とJNTOが統計を取り始めた1964年以降では最大の伸び率となりましたが、目標として掲げていた年間訪日客数2,000万人の大台にはわずかに届かず、記録達成は来年以降に持ち越しとなりました。