月別アーカイブ: 2016年9月

【香港を歩く】香港を代表する名瀑 梧桐寨(Ng Tung Chai)

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

このシリーズでは、あまり知られていない香港の見どころをご紹介していきたいと思います。

第一回目は、夏の暑さがまだまだ続く香港で一服の清涼をもたらしてくれる自然の滝にご案内します。香港にはいくつか自然の滝が存在しますが、今回ご紹介する梧桐寨(Ng Tung Chai)は香港最高峰の大帽山(標高957m)の山懐に存在し、香港にある自然の滝の中では最も大きく、かつ有名なものです。

滝めぐりの出発点は大埔墟と元朗を結ぶ九龍バス64K線の「梧桐寨」停留所。バスが走ってきた林錦公路を左手に入り、だらだらとした上り勾配の舗装路を30分ほど歩くと、「萬徳苑」というお寺に着きます。寺の入口入って左手に売店がありますので、水や食料などをここで補給するとよいでしょう。

萬徳苑

萬徳苑

萬徳苑の脇からは登山道が伸びています。山道に入ってすぐ小さな滝が姿を現しますが、ここはまだ梧桐寨の滝ではありません。

登山道入口の滝

登山道入口の滝


そこから山道を30分ほど登り進むと、ようやく梧桐寨の4つの滝のうちの最初のひとつ、井底瀑(Bottom fall)に出会います。

井底瀑

井底瀑


井底瀑からさらに5分ほど登ると、今度は2番目の滝・中瀑(Middle fall)が姿を見せます。

中瀑

中瀑


中瀑で一服した後は、元の登山道に戻り、主瀑(Main fall)に向かいます。中瀑から主瀑までは少し距離があり、つづら折りの急坂を15分ほど登り詰めると、主瀑の少し手前にある無名の滝への分岐に出会います。ここは訪れる人も少ない穴場の滝です。

つづら折りの急坂

つづら折りの急坂

無名の滝

無名の滝

分岐から戻って、数分登り進めると、いよいよ主瀑に到着です。出発点のバス停からここまでは、途中の滝に寄り道しながらゆっくり歩いて2時間ほど。主瀑の落差は約30mで、華厳の滝(97m)や那智の滝(133m)などとは比べるべくもありませんが、滝壺から上を見上げるとその高さを実感することができます。

主瀑

主瀑

滝壺で遊ぶ人たち

滝壺で遊ぶ人たち

この奥には第4の滝・散髮瀑(Scatter fall)があり、さらにその先、大帽山まで登山道は続きます。しかし、滝めぐりが目的なら、この辺りで切り上げて帰路につくのがよいでしょう。道中は本格的な山道ですので、トレッキングシューズが必携ですが、手軽に香港の自然の豊かさに触れられるお薦めのルートです。

散髪瀑

散髪瀑

香港立法会選挙、建制派が過半数、非建制派も全議席の3分の1超を死守

  • Twitter
  • LinkedIn
  • FaceBook
  • Add this entry to Hatena Bookmark
  • Yahoo! Bookmark

4日(日)に投開票が行われた香港立法会議員選挙の全70の議席獲得結果が固まりました。

香港の立法会の議席(定数70)は以下の3つのカテゴリーからなります。

  • 職能団体枠(議席30)
  • 超級区議会枠(議席5)
  • 地方選区枠(議席35)
今回の選挙の結果、それぞれの議席配分は以下の通りとなりました。
2016Legco_election_profession
2016Legco_election_super
2016Legco_election_district

その結果、全体の議席配分は下記の通りとなっています。

2016Legco_election_all

建制派は前回(2012年)から3議席減らしたものの、過半数は維持。汎民主派も前回の27議席から1議席減らした一方で、急進的な民主化を求める初参戦の本土派が地方選区で3議席を獲得し、非建制派勢力が政府提案の重要な議案を否決できる全体の3分の1超の議席を死守しました。

今回の選挙はの投票率は58.28%と、今回を含めた過去6回の立法会選挙の中で最高の投票率を記録しました。

投票場の様子
P1090766